この本の隣にあの本を置く

本と日々にまつわることをすきなように、すきなだけ

由莉ちゃんのリンゴ、それから紅茶

「あなたはきっとこういうのが好きだと思って」と、とりたてて好みを明かしていないはずなのに、とても私がすきそうなお菓子とか、そういったちいさな心配りをもらうことがときどきある。

旅行のおみやげでも誕生日でもないときにぽんともたらされるそれがやってくるとき、私はいつもぎこちなく驚いて、嬉しさがからだの内側でほころぼうとするすこしの間、じっと口ごもってしまう。

そういった、ごく短い一瞬にきまって思い浮かぶのは、佐々木丸美崖の館』の由莉ちゃんのことだった。

由莉ちゃんはリンゴが好きだった。真一さんが余市からもぎたてを送ってくれたことがあった。二、三日遅れて到着した真一さんにみんながおいしいとお礼を言うと、由莉がリンゴに目がないからいいのを選んで詰めてもらったんだぞ、と言った。由莉ちゃんはこのときびっくりして真一さんを見ていた。千波ちゃんや棹ちゃんや私のためではなく由莉ちゃん一人のためにという響きがこもっていた。あのときの由莉ちゃんはきっとひどくうれしかったのだと思う。そんな小さなうれしさが由莉ちゃんには貴重だったのに、みんながもっとやさしくしていたらと悔やまれる。

佐々木丸美『崖の館』ブッキング*1、2008年2月、149p)

〈由莉ちゃんはいつも真正面から向かって乱暴に悪口を言い気に入らなければ打った。自分の弱さを見せたくないせめてものかくれみのではなかったと今思う。〉と語られる由莉ちゃんは、読みだしたはじめの頃は、館に集まるいとこたちの中でもとりわけ尖った存在だと感じる。

マリアさまのようだと慕われる千波ちゃんや、家事とお裁縫に長けた“素敵なお姉さん”である棹ちゃん、みんなの末っ子である視点人物の涼子とも違って勝ち気で、潔いまでに強い。そんな、間違いなく苛烈で尖っている女の子なので、視点人物である涼子に感情移入して読んでいれば、尚更はじめはなんてわがままなんだろう、ちょっといじわるでやだな、なんて思ってしまうのだった。

引用したのは、涼子がそんな由莉ちゃんときちんと付き合えてこなかったのではないかと気づいた場面。いとこたちの誰もが心引き寄せられる千波ちゃんでも、家事やお裁縫に長けたやさしいお姉さんである棹ちゃんでも、素直でいじらしい涼子でもなく、ちょっときつくて心のやわらかいところをさらけ出すのが苦手な由莉ちゃんに、読み返すたび惹きつけられる。由莉ちゃんの中に自分の姿を見つけて、いつも胸が痛くなるところでもある。それから、じわじわと由莉ちゃんのことが好きだなあとあらためて感じるのだった。

この前後は、読んでいる人みんなが由莉ちゃんのことを好きになって、ほんの少し前まで彼女をまなざしていた“自分の弱さ(のようなもの)”にはっとするところだと思う。

 ◇

そんなことを、紅茶を飲みながらぼんやり考えていた。

それというのも、本棚にさした本が目に入って、ぱっと秋のことが思い浮かんだからだった。

年に一度、秋に参加している読書会に、すこし遅れて参加した。毎年会場が異なるので、毎回お茶のセットがあるのかないのかわからなくなり、困らないように飲み物を買っていく。でも、いつもきちんと何かが用意されている。このときも、すでにお湯の沸かされたポットの傍に、紅茶の箱が並んでいた。好きなメーカーの紅茶だったので、「わー、私ここの茶葉すきです」と嬉しくなっていたら、もう一年に二回ほどしかお会いしなくなっている先輩に、「きみが紅茶すきだからこれ買ったんだよ」とティーバッグを示されて、このときもひそかに驚いたものだった。嬉しいという気持ちをきちんと表せたのかどうか、ちょっと自信がない。

この先輩には、薫りのよい紅茶を淹れていたところ、「香水つけてる?」と訊ねられたことがあったのだった、ということまで思い出した。記憶の紐付けにもびっくりした。そんな細かなことまで覚えているものだなあと思って。

由莉ちゃんにとってのリンゴや秋の紅茶や、なんでもないときにいただく何かのような。同じようなことを、誰かにできる自分であれたらいいなあ、と思う。

 

崖の館 佐々木丸美コレクション

崖の館 佐々木丸美コレクション

 
崖の館 (創元推理文庫)

崖の館 (創元推理文庫)

 

 

*1:初めて読んだ『崖の館』は単行本だったので、1977刊の単行本が底本のこちらより引用

北海道で佐々木丸美を読む

大学の夏休みが明けたとき、私はいつもの教室ではなく、授業を休んで北海道にいた。目指したのは、襟裳岬だった。「風の館」で行われた、佐々木丸美の展示を見にいくために、初めて飛行機に乗ったのだった。

襟裳岬に行くためには、まだ近いほうの空港の最寄りから、バスを乗り継いでいかなければならなかった。見知らぬ土地の見知らぬ路線で、かつおそろしく時間がかかるので、ホテルで一泊した翌朝、早い時間にバス停に並んだ。

お昼過ぎにたどり着いたバスの待合所は、壁の一面に本棚がある古い木造のちいさな建物だった。ものすごく待ったわけではないと思う。褪せた本の背が並ぶ中に、佐々木丸美の本が数冊さしてあったのを見つけて、わあ、と思ったのをよく憶えている。(ほんとうにいま、佐々木丸美さんの地元に来てるんだ)って。

これまでこの待合所をバスが通る間、いろんな人の手に一時ゆだねられていただろうなと想像しながら、ゆっくりと一冊ずつ本棚から抜いて手に取った。たしか『花嫁人形』(講談社・1979)だったかな、本を開くと見返しに切り取られた帯が貼り付けてあって、それは私が知らない帯だった。思い入れのある本にしかされないだろう印に、胸の奥がきゅっとした。きっとこの本を大好きな誰かが、自分ではない誰かに読んでほしくて置いたのだ。

バスを待つ間、そのことを噛みしめていた。

地元の人らしい背中に紛れて乗ったバスでは、一番前の席に座った。おそろしく時間がかかるというほかにほとんど何もわかっていなかったので、不安になってもすぐ尋ねられるようにしておきたかったのだと思う。どきどきしていたし、あまりに遠いように感じられたのでほんとうに襟裳岬を通るバスなのか、ずっと不安だった。けれども、どきどきそわそわがずっと続いても大丈夫な時間では、襟裳岬にたどり着けやしないので、次第に微睡みがちになる。

いちばん前の座席でうとうとし、はっとし。首を振って読みさしの本を開いてはまたうとうとし、というのをくり返した私を見かねたのだろう。運転手のおじさんが、どこまで行くのと訊いた。襟裳岬ですと言うと、そっけない声が起こしてあげるから、と言った。

安心して重たくなる瞼をもう一度だけなんとか上げて視線をすべらすと、窓の外に回廊のように海を細長く区切るトンネルと、そこから波が覗いて見えた。薄曇りの空に似た色と、鮮やかな色と。北海道の海は、ふたつの表情をしている。不思議な色合いだと思った。そうして、運転手のおじさんがゆっくりおやすみ、と言うのに甘えて眠った。
淡い眠りから醒めると、ぼんやり滲んで見える窓のむこうには、かたい地肌を思わせるみどりが道路を縁取り、薄曇りの空がひっそりとこぼれていた。何しろ一番前の席であったので、いまどこを走っているのかはわからずとも、北海道の道が広くて長いことはよく見えた。バスの中も人が減って、ゆったりしている。
道を囲い、つつむように伸びるみどりは得体のしれぬものにも、慕わしいもののようにも思える。ひそやかで強靭、という感じ。

襟裳岬に着いたときもまだすこし頭が眠っていて、ふわふわとタラップを降りた。

 

 ――目もくらむような断崖。

 

頬に感じた冷たさとにおいに、ふと『崖の館』の冒頭が過ぎった。

その一瞬が過ぎさる前に、風が鳴る。
うわあ、風! そう叫んでも、あっという間に音が風にさらわれてしまってよく聞こえない。吹きつけると言うにはあらあらしく乱暴で、あんまり強いものだからかえってスカートはめくれず、身体に巻きついてしまうのがおかしかった。ちょっと、かわいらしい気がしてくるほどに。結んでいない髪がごうごうとかきたてられてからまるのに、それでも風はどこかやさしい気がした。
北海道の風はすべすべして、すがしいにおいがするなと思った。
力いっぱいふんばっても、ぐいぐい押されて風の吹くほうへ進んでしまうので、ちょっと地面を蹴ってみれば、空を駆けてしまえそうな気がした。(風に抗おうと試みても、あまりうまく歩けなかった。地元の方だと違うのかもしれない)

バス停からすこし歩いたところにお土産物屋があり、その向こうに夜な夜なホームページで見ていた建物が佇んでいるのが見えた。

風の流れに逆らわず進むうちに、風の館にたどりついた。
入場券を買い、しばしうろうろしながら写真を撮った(まだ初めての携帯電話を使っていて、ガラケーだった)。白い螺旋階段を上ると、佐々木丸美の文字が見えた。
思い描いていたとおり、「佐々木丸美展」の部屋はひっそりとしていた。パネルが並ぶさまはささやかで、たぶん、傍目にはちょっぴりそっけない。けれど私には、佐々木丸美作品をすきなひとにはとっときの、たからもののような一室だった。
ひとつひとつの掲示をゆっくり見る。文字を拾いながら、そのひとつひとつが水のようにしみていく。吸いあげているのを感じていた。
私が知らないでいた佐々木丸美の世界が、ゆかしくてきりりとした書体で印字された広告のむこうに広がっていて、佐々木丸美展のポスターのところで、くしゃっと転がる。……どうしてすきなのか、どうして哀しいのか、嬉しいのか。そういうのじゃあない、そうではない、はっきりと言い表せるようなものは浮かびようもなく、とろんと目から心がもれる。右手の甲でぬぐってもぬぐっても、こぼれるばかりで、せわしない。北海道の風が刺すのではなく肌に溶け入るようであるのに似て、衝撃にこぼれる涙とは違う、穏やかな気持ちだった。

そうしてほっぺたをべたべたにしていると、パネルの横に海が大きく切り取られた窓があるのに気づいた。佐々木丸美の世界にいきる彼らが愛した眺めに、これ以上はないというほどふさわしい窓辺! そう、すぐに思った。

そこには机が据えられていて、ノートとペンが置いてあった。鼠色のペンを選んで書きつけたのは、海の色が頭にあったからだ。ノートに向かう間も、ふと顔を上げれば窓のむこうで波が揺れていて、不思議とこころが凪いだ。ああ、丸美さんなんだ。これが丸美さんの千波ちゃんのおばさんの愛した海なのだなあ、と思う。

ノートを閉じた後も、しばらく窓の外を見ていたけれど、飽きない。時の流れはゆったりとして、ぽつんと迷い込んでしまったひとたちがうしろで、だあれ? と言いながらすぐ踵を返すので、青い椅子のなかにひとり沈んでいた。持ってきていた『崖の館』を、少し読んだ。人が一瞬室内に目を止めるような気配がしたときは、うつむいて顔を隠した。
涙が乾いて頬がひりりとするようになったころ、受付に行く。すこしの間、じっと目のあたりを見られた気がして、視線をそらした。お願いして、地元の学生さんが佐々木丸美の本を朗読したDVDを流してもらう。目をつむったりあけたりして観ていると、部屋に入ってきたひとがあわてて逃げるので、すっかり展示をひとり占めにしているような気持ちでいた。DVDを見終えて、しばしぼうっとして。いまの気持ちを忘れないように、手帳を開いた。そうだった、ミドリのトラベラーズノート、クラフト紙のざらざらした上に書いたんだった。

受付にDVDを返しに行き、お姉さんと少し話した。あまりに長くいたので、「この展示に関わっている方がいて」と紹介してくださったのだった*1

お姉さんが「アザラシ見ました?」と言うのに首を振ると、風の館には展望台があって、そこから見られるのだと教えてくれた。そういえば、とにかく佐々木丸美展をめがけて行ったものだから、ほかのことはほとんど調べていなかったなと気づく。今日は風が強くて、アザラシたちが岩場でひなたぼっこできないくらい波が荒いんですけれど……とお姉さんが照準を合わせてくれたスコープを覗くと、波間にぴょこぴょことアザラシの頭が浮かんでいた。

 

風の館を出て、バスの時間を調べた。時間があったのでお土産物屋に寄り、バター飴を買った。襟裳岬の風がつよく吹き寄せるものだから、帰りもやっぱり身体はうまく進まなくて、風を受け流すためにくるくる回りながらバス停に向かった。大きな百葉箱みたいな待合室にこもっても、戸がうなる。
 頃合いになり、待合室を出て、ふんばりふんばり、つい両手を広げて風を受けてはよろめきつつ、バス停の傍で心細く立っていた。

バスはすこし、遅れて来た。座席に落ち着いてから、髪の毛が面白いくらいからまっているのに気づく。ゆっくりと髪をほぐしながら、バター飴を食べた。

 

帰りは後ろの席で、安心したように深く眠った。

 

崖の館 (創元推理文庫)

崖の館 (創元推理文庫)

 

*以前雑誌で連載していた、本にまつわる随想を加筆修正したものです。

初出:「本の海で溺れる夢を見た」vol.31 北海道で佐々木丸美を読む(『彷書月刊』・彷徨舎・2008年掲載)

*1:おそらく、佐々木丸美のファンサイトを運営されていた方のこと。そのファンサイトで呼び掛けられて『活字倶楽部』に掲載されたはがきを見たのが、佐々木丸美の作品を手にしたきっかけだった。